2013年9月5日木曜日

筆記試験お疲れ様でした。

遅ればせながら、筆記試験お疲れ様でした。

出来はいかがでしたか?

予想通りだった人、予想が外れた人、ちゃんと力を出せた人、うまく出せなかった人。いろいろいらっしゃるかと思いますが、評価するのはあなた自身ではなく、採点官です。どうせ無理だとか、そういう風に思わずに、きっちり再現しておいてくださいね。もし今年無理でも、きっと来年以降生きてきます。私がそうでした。


さて、口頭試験対策のアドバイスを少しばかり述べたいと思います。

・業務経歴小論文を読み返しましょう
 何を書いていますか?何をアピールしようとしていますか?業務報告書になっていませんか?アピールすべきは、業務の成果ではなく、その成果を出すことのできたあなた自身です。
 そのあたりの詳しいことは、「業務経歴小論文の考え方」のテキストを参照してください。このテキストは、口頭対策としても非常に有効だと考えています。


・想定問答集を作りましょう
 筆記試験結果に自信のない方もいらっしゃるでしょう。ですが、技術士になるためには必ず口頭試験に行く必要があります。というか、いつか必ず口頭試験に行かないといけません。そう考えれば、いつか必ず想定問答集を作る必要が出てきます。今年の冬のためかどうかなんて関係なく、想定問答集を作りましょう。
 できるなら、小論文に書いたテーマを知らない人に、質問を作ってもらうといいですね。私の場合は、最初の口頭試験の時には、支援業者にお願いして想定質問を作ってもらいました。不安で不安で仕方なかったからです。


急ぐ必要はありません。普通に、あせらず、速やかにすればいいだけです。


もう少ししたら、口頭セミナーの案内をアップします。注意してみていてくださいね。


事務局のともともでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿